--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刺激いろいろ!

2012年09月28日 20:08

先日、岐阜で妖怪のことをお話させて

いただく機会がありました。

楽三会

「色んな業種の人たちが集まるから

面白いよ〜」とのみ聞いて、参加をしました。

毎回【酒と文化】というのをテーマに

色んな方にお話をしてもらっているんだとか。


写真+1_convert_20120928200607


知っているのは、紹介していただいた

ギャラリーのオーナーのみ。

自分と同世代の方〜70歳くらいの方まで

40〜50名くらいの方が集まっていました。




会社の社長さん、管理職の方、建築家さん、

デザイナーさん、営業の方、自営業の方、

お寺の娘さん、お医者さん、県の職員さん…。

自分がこれまで知り合う機会のなかった

方々が多く、興味深かったです。




お話をさせていただいたのですが、

すごくやりやすかったです。

反応が早い&レスポンスをしてくれる!

写真 2

アンテナを張っていなければ

こういう場所に来ないだろうし、

皆さんが皆さんの話に耳を傾けて

吸収しようとしている感じがいいな〜と。




聞けば、この日でこの集まりは

12年だそうで!すごい!




刺激をもらえた貴重な時間でした。




ただ。。。この後。。。

普段呑まない日本酒を呑んだこともあり

酔っぱらい(汗)、おじさま方に

迷惑をかけてしまいました。。。(大汗)

反省。




この辺りはいつまで経っても変わらず…。

人間としても成長したいと思いました!













スポンサーサイト

命をいただく

2012年09月26日 12:02

釣れたてカンパチ!

IMG_3550_convert_20120926113955.jpg

お父さんのいとこの漁師さんに

いただきました!目がきれい。




初めてさばいてみることに。。。!




包丁を入れると…血がどばどば出て

くるのに、まず驚きました。

普段はすでに処理されている魚を

調理することがほとんどなので、

当たり前のことも忘れてしまってます…。



IMG_3551_convert_20120926114020.jpg



ここから三枚におろします。

「危ないから気をつけてね。」と

言われたそばから手を切る自分。

(ある意味、期待を裏切らないともいえるかも…)




なんとかできました(汗)

IMG_3552_convert_20120926114038.jpg


新鮮なものって、最高のご馳走です!


IMG_3553_convert_20120926114056.jpg


早速お刺身でいただきました。




食材は色んな行程を経て食卓に並ぶわけで、

当たり前のように食べているものにも命があって、

それを感謝していただく…という気持ちを

改めて思い出させてくれました。

食べ物を無駄にできないし、

したくないなぁって。




「もったいない」と思うその先の

「どうしてもったいないって思うのか」

まで考えることができると、

毎日をもっと大切にできる気がします。




今回はカンパチに教えてもらいました!













変わり時

2012年09月26日 11:42

雑多な感じの河童農園。。。

IMG_3558_convert_20120926113925.jpg

まだ収穫はできますが、

葉ものは堅く、実のなるものは

ほぼ終わりに近くなってきています。

夏野菜の季節は終わりですね。




土と触れ合うようになってから

季節の変わるのを実感する機会が増えました。




秋冬は根菜類!楽しみです☆













清流とおじさま

2012年09月19日 11:41

諏訪大社の前宮の脇を流れる

水眼(すいが)の清流を

辿っていくと源流があるらしい。

IMG_3380_convert_20120918212723.jpg

きれいな川。

IMG_3381_convert_20120918212757.jpg

心が洗われるようです。

この上流を辿っていきます。

IMG_3383_convert_20120918212831.jpg




…のつもりが、組合員以外入山禁止の立て札(涙)。

しょうがない…、と思いつつ前宮に

戻っていく途中で地元のおじさま方に挨拶。

(”おじさん”ではなく”おじさま”と
呼びたくなる上品な方でした。)




「何か面白いものあった?」と

聞かれたため、水眼の源流に行きたいけど

行けなかったことを告げると、

あっさり「行ってもいいよ〜」と。

(おじさまたちは組合員)




「ここから20〜30分くらい歩いて

さらに川に沿って登って行くと

水が湧いてる場所があるよ。」

と教えてくれました。




「行けるなら行ってみよ〜!」と言っていると

おじさまが「連れてってあげるわ」と!




軽トラで行けるところまで

連れて行ってもらいました!

IMG_3385_convert_20120918212905.jpg

(諏訪大社の御柱祭での客のもてなしかたや、
娘さんの旦那さんのご実家が、私の住んでいる
所から歩いてすぐのご近所さんであることが
判明!お互い一気に親近感!)




車で行けるところまで送ってくれて、

そこからの道も教えてくださいました。

この水は神様の水だということ、

この水を求めて遠方からも人が

訪れることを教えてくださいました。




こうやって親切にしていただけるという

ことは、土地に受け入れられてるって

思っていいのかな。とても有り難いです。




岩と石と苔とぬかるみと…。

足場はかなり悪いけど、進みます。

IMG_3387_convert_20120918212943.jpg




しばらく歩くと、ありました!

ここが源流 。。。

IMG_3401_convert_20120918214222.jpg




この水眼が祭祀の中心地であり、

生き神の大祝(おおほうり)がここに

社を建てたのは、この源流が

理由の1つだと考えられています。




祠にお参りして、

IMG_3397_convert_20120918213045.jpg

水に触れてみると…ひんやり。

これが神様の水…。

IMG_3399_convert_20120918213123.jpg




スカートの裾がびたびた…。

神様に好かれているんだ、と解釈!

IMG_3391_convert_20120918213242.jpg




帰りは歩きで下山。

気になる古墳や

神社も寄っていきました。

IMG_3402_convert_20120918213332.jpg

IMG_3403_convert_20120918213444.jpg

諏訪の神社には四方に柱が立っています。

これは土地の神様であるミシャグチ神の

依り代(神様が降りてくるための目印)

なんだそうです。

どんな小さな神社や祠にも必ずありました。




軽トラのおじさまにお礼が

したかったのですが、姿はなく。

(もしや…ミシャグチ神の化身?)

別のおじさまが「どうだった?」と

声をかけてくださいました。




ちゃんと辿り着けたこと、

軽トラのおじさまにありがとうと

伝えてほしいことを告げて次の場所へ。




土地の力と人の温かさに

触れることができて、諏訪に

来ることができて良かったな、と感激!













日本のはじまりへ

2012年09月19日 11:05

長野県諏訪市!

images-1.jpeg




新石器時代と呼ばれる縄文時代中期に

生命力と想像力に溢れていたと想像される

この地域は日本の中心と考えられていました。

国という概念が出来てからも、なかなか国家に

属さずに独自の文化が発展した場所だそうです。




『縄文聖地巡礼』(坂本龍一/中沢新一著 木楽舎)

を読んでから気になっていた場所です。




龍や蛇の伝説の多い土地。

聖地と言われる伊勢や阿蘇と

龍脈(風水でいう山脈)で繋がっています。

妖怪化されたと思われる神様の伝説も。




想像力をフル稼働して挑みます!




諏訪といえば諏訪大社。

まず向かったのは諏訪大社上社前宮(まえみや)。

(諏訪大社は4つの社があります)

IMG_3362_convert_20120918204112.jpg

立派な鳥居。

IMG_3365_convert_20120918204730.jpg




本殿に向かう途中には、ここで人神の

大祝(おおほうり)や神長官が参篭し、

「穴巣始」という冬ごもりをした遺跡地があります。

IMG_3368_convert_20120918204151.jpg

IMG_3370_convert_20120918204219.jpg




諏訪明神の信仰の原点といわれる前宮。

IMG_3376_convert_20120918204324.jpg

ご神体は祀られていません。

IMG_3372_convert_20120918204251.jpg

ぞくぞくする感覚。

不思議な高揚感。

体の細胞が喜んでいるというか、

(自分はここに来たかったんだ)って。

IMG_3371_convert_20120919111606.jpg

ここが諏訪信仰の始まりなんだ…。




龍と蛇(ミシャグチ神)が描かれた絵馬。

IMG_3548_convert_20120918204800.jpg




ここからさらに山の中の

諏訪信仰の原点に向かいます!















最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。