--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『混(こ)ませる』 岐阜妖怪百話 ブログ編

2011年05月31日 22:35

混(こ)ませる



岐阜市に住む内藤さんという女性がいます。

内藤さんは、レストランやコンビニエンスストアに行く度に

不思議な気持ちになります。



昨日の夜もそうでした。

県庁の近くのビックボーイに夕飯を食べにいきました。

内藤さんがレストランに入店直後、

5組の団体さんが入ってきたそうです。

お店はたちまち大賑わい。



内藤さんにとっては珍しいことではありません。

いつものことなのです。



内藤さんが普段よく行く岐阜市忠節のローソンでも

同じ現象がおこります。

内藤さんが入店すると、その後驚くくらい

たくさんの人がお店に入ってきて、

内藤さんはレジ待ちの行列に並ぶことになるそうです。



お店にとっては内藤さんの存在はとっても有り難いはず。

実は内藤さん、自分自身が妖怪なのでは…と思っているそうです。





この不思議な出来事に、私 河井聖子と内藤さんが
つけた名前は『混(こ)ませる』です。

混ませる_convert_20110526103328

混ませるをキャラクターにしたのもです。


*岐阜妖怪百話とは*










スポンサーサイト

天狗様で贅沢

2011年05月30日 22:25

今日、自分的にとっても贅沢な時間を過ごしました。

セレブ系ではありませんので、あしからず…。



G.Wにおこなった赤馬まつり

松鶴園さん、東角園さん、玄楼窯さんにご協力をいただき

久しぶりにお抹茶を美味しく頂き、お抹茶熱がふつふつ。



以前、茶道を習っていたこともあり、

道具一色は持っています。

(アメリカのミシガン大学のアジア文化の講義で

お手前を披露したこともあります。てへ。)



母も茶道を習っていたため、

自宅では時々お抹茶を点てていましたが、

今回は『1人お茶会』です!(わくわく)



普段は珈琲や紅茶も飲むけど、今日はお抹茶!

お茶菓子はこれ。

P2011_0530_155635_convert_20110530202444.jpg
『天狗詫状』!(天狗の詫び状羊羹!!!)

超テンション上がる~!

佛現寺のご住職にいただきました。



包装紙の裏には由来や詫び状の写真も。

P2011_0530_155743_convert_20110530202536.jpg



暗くて見えにくいんですけど、目玉のおやじ皿に羊羹。

お茶碗は今は亡きおじいちゃん作。

P2011_0530_160312_convert_20110530202601.jpg

お茶会ではないので、カジュアルに。

美味しくいただきました。

ん~、めっちゃ贅沢!








『ひづめ岩』 岐阜妖怪百話 ブログ編

2011年05月26日 10:03

ひづめ岩



金華山の近くにある水道山に橿森(かしもり)神社があります。



今から約65年前の戦時中のお話です。

岐阜市にさっちゃんという10歳の男の子がいました。



さっちゃんの家は橿森神社から歩いてすぐのことろにあります。

時には1人で、時には友達と、橿森神社付近で昆虫を捕ったり、

山登りをしていつも遊んでいました。



橿森神社の脇にある遊歩道を少し歩くと、

直径4M、高さ3Mほどの大きな岩があります。



この岩には子どもの間で有名な噂話がありました。

それは「馬がこの岩から飛び降りた」という噂です。



岩には馬のひづめのような跡が何カ所もあります。

それらはまるで歩いたかのような跡です。



岩の反対側は崖になっています。

(岩にひづめの跡が残るくらいの重い馬はいるのかなぁ)

と、さっちゃんは不思議に思っていました。



織田信長が活躍した戦国時代、追いつめられた武士が

馬に乗ったままここから飛び降りたのかな…。

とさっちゃんは思っていました。



水道山にはこれだけ大きな規模の岩は他にはありません。

まるでこの岩だけがどこかから飛んできたかのようです。



さっちゃんは今でもここから馬が飛び降りたんだと信じています。





この不思議な出来事に、私 河井聖子と斎田さんが
つけた名前は『ひづめ岩(いわ)』です。

ひづめ岩_convert_20110415111027


ひづめ岩をキャラクターにしたのもです。


*岐阜妖怪百話とは*








種から。

2011年05月23日 22:46

河童農園の野菜は全て種から育てています。

でも種~苗まではお父さん任せでした。

(来年は自分でやりたい)



よし!自分でも種から!簡単なやつ!

河童農園、種から_convert_20110523223412

バジル&ルッコラ。



↑ いたずら好きの妖怪コンビっぽい。










付喪神の素、作りました。

2011年05月22日 22:32

付喪神(つくもがみ、九十九神とも書く)。


長い年月を経て古くなった道具などに、

霊魂などが宿ったもの。




回りを見れば工業製品がいっぱい。

ホントに魂が宿ってるのかな…。



というわけで、アウトドア雑誌を参考に作ってみました!



カット
板をカットして、
(のこぎりの使い方勉強中!)


ヤスリ後
やすりを丁寧にかけて、


バーナーで表面を焼いて、
(バーナーがなかったのでカセットコンロで)


焼き後
洗って煤を落としたら、まな板の完成!

ちょっと不格好だけど、味ってことで。



付喪神の素、誕生!

魂こもってます。



買ったほうが早いし楽だし見栄えもいいかもしれない。

でも、作ったほうが楽しいし愛着が湧くし大切にできる。

心も体も喜んでるのがわかるし。

自然のものってやっぱり気持ちいい。



生きていくための知恵や経験を身につけたい。

3月11日以降、より強く想うこと。











最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。