--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪の妖怪 2

2010年10月31日 22:04

朝早く大阪に到着して、

妖怪伝説地を訪れています。



次は戎(えびす)神社。

大阪には今宮戎神社というとても有名な

恵比寿さまを祀った神社がありますが、

私が行ったのは堀川戎神社



恵比寿さんは七福神の一人で商売繁盛、漁業の神様。

スーツ姿の方なども参拝にきていました。


NEC_0661.jpg


私もお参りして…。


NEC_0657.jpg



私のお目当ては戎さんではなく、

境内にある、こちらの榎神社(通称地車稲荷) ↓ 。


NEC_0663.jpg


通常、お稲荷さんといえば狐ですが

ここの神様の使いはなんです!

ユニークですよね。


NEC_0660.jpg


昔はここに吉兵衛という古狸がすんでいて、

人々が願掛けにきて、その願いが叶うなら

その夜に狸の地車囃子が聞こえてきたそうです。

なんだか、夢があって楽しげな話。


NEC_0658.jpg


ミニチュア地車や狸の絵馬が奉納されています。




あっ、敵が…(写真中央)!!!


NEC_0662.jpg







ホームページ出来ました

河井聖子のホームページ


スポンサーサイト

大阪の妖怪といえば…

2010年10月31日 09:42

展覧会の会場の下見と打ち合わせを兼ねて大阪へ。



朝イチで大阪入りして、伝説地巡り。

神社やお寺は早いうち(なるべく午前中)に

参詣したほうがいいから。



これだけは外せない!的な

大阪の代表的妖怪といえば、(ぬえ)。

行ってきました、鵺塚


NEC_0651.jpg


商店街の裏手にぽつり。


NEC_0652.jpg


京都で源頼政が帝の命令で退治した鵺が

流れ着いたのがここ。(兵庫芦屋説もあり)

祟りを恐れた人々が建てたのが、この鵺塚です。



頭が猿、胴体が虎、足が狸、尻尾が蛇の鵺。

今では大阪湾の紋章のデザインにもなっていています。

忘れられてしまう妖怪が多いなか、現役で活躍中。







続いて、酒呑童子の退治で知られる源頼光が

植えたといわれる樟(くす)の大木に向かう。



家来の渡辺綱が必ずこの樟に馬をつないで参詣したことから

渡辺綱、駒つなぎの樟」と呼ばれているそうです。




わっ、遠目でもすごい存在感!


NEC_0653.jpg


神社の後ろに大木。

神社の由緒書や参拝記念のスタンプがあって親切。


DSCF3654_convert_20101031091237.jpg


もう、何人で抱えれば繋がるの

かわかんないくらいの太い幹。


樹齢900年だって。

もう枯れてるけど、大阪府の天然記念物第一号だって。


NEC_0654.jpg


全景が把握できない。

フレームに収まりきらない。


DSCF3663_convert_20101031091318.jpg


すごい威圧感と荘厳な空気。

場から放たれる”何か”が圧倒的。

完全にヤラれちゃいました…。



そんな自分の後ろを普通に通り過ぎていく地元の人たち。

この大木がこの人たちを見守っているのか…。



安心感と高揚感で、なかなか立ち去れない…。


NEC_0656.jpg


また来ます!






ホームページ出来ました

河井聖子のホームページ


怪しい女子たち

2010年10月28日 13:54

久しぶりにやってみたかった組み立て体操



一人じゃできないし、

コンクリートの上じゃ痛いし、

身長の差があっても難しいし…。



そんな条件をクリアできる状態がやってきました!



皆にお願いしてやってみる。



おうぎ(学校によってはクジャク)。

IMG_5564_convert_20101027192457.jpg

バランス相当難しい…。

しかも、写真の構図が…。



続いてロケット

IMG_5566_convert_20101027192523.jpg



…た、楽しい!

しかも夜!!

おばけの運動会みたい!!!



ホントはピラミッドをやりたいけど、

人数と練習が必要だから断念。



こんちゃん、むぅちゃん、ゆうかちゃん、さやかちゃん、

私のわがままに付き合ってくれてありがとう!






ホームページ
   ↓
河井聖子のホームページ



守り神?

2010年10月27日 19:41

吉良の赤馬牧場に残されていた

220cmもある蛇の抜け殻。


F1000417.jpg


以前、牧場の前の道路で3mくらいの大蛇を

見つけました。その蛇かも???



蛇は脱皮をすることから「死と再生」を連想させたり、

強い生命力があることから

古来より「神の使い」として崇める風習あります。



最も知られている蛇神は

頭が八つある八岐大蛇(ヤマタノオロチ)でしょう。



神さまの抜け殻を巻いてみる。

F1000416.jpg



蛇と女性は共通点が多いなんて言われますが、

蛇の苦手な男性って多いですよね…。






ホームページ立ち上げました
   ↓
河井聖子のホームページ



曇り時々小雨の青空妖怪教室

2010年10月25日 15:11

10月24日の日曜日、今年最後の青空妖怪教室を

吉良の赤馬牧場でおこないました。


F1000421.jpg


今回のテーマは『見越し入道


妖怪好きご存知かと思いますが、

そんなにメジャーな妖怪ではありません。


F1001188.jpg


まず、みんなに知っている妖怪を挙げてもらいます。


見越入道は、一言で言えば

見上げれば見上げるほど大きくなる

お坊さんの姿をした妖怪
です。


F1000420.jpg


この後、後方の馬たちが寝転んでごろんごろんし始めます。

しばし教室中断して馬を見ます。



見越し入道のお話の後に、見越し入道のお菓子作り!

お餅をお皿の上でひろげて…

F1001187.jpg



伸ばしたお餅の上にさつまいもとリンゴの餡を

のせて、お餅でくるみます。

F1000424.jpg


あーでもない、こーでもないと言いながら、

見越し入道をイメージしながらつくります。


レーズンで目や口をつけたら、出来上がり!

F1001186.jpg



いろんな見越し入道ができました!


ちょっと気の弱そうな見越し入道や

F1000425.jpg


きょとん、とした見越入道や

F1000426.jpg


三つ目の見越し入道や

F1000427.jpg


歌舞伎役者のような見越し入道まで。

F1000428.jpg



今回は天気が良くなかったこともあり、

参加者が少なめでしたが、

そのぶんアットホームな教室になりました。



そして、相棒の今ちゃんのまさかの不在もあり

どたばたで参加者の皆さんにはご迷惑をおかけしました。



今年は今回が最後でしたが、来年の4月に再開します。

場所は同じく吉良の赤馬牧場です。



引き続き来年もよろしくお願いします!!!




ホームページ立ち上げました

河井聖子のホームページ




最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。