--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身代わり地蔵

2014年01月13日 11:13

お地蔵さまは道端でにこにこ

見守ってくれるだけでなく、

時に私たちを助けてくれる

こともあるようです。




善想寺のお地蔵さま。

泥足地蔵とも

汗出地蔵とも呼ばれています。

写真+1_convert_20140113101421

山門前にあります。

写真+2_convert_20140113101444




【泥足地蔵さん】の由来は。。。↓


日照りで田の水が涸れて苗の植付けが

出来ず、百姓らはただ嘆き悲しんでいました。

地蔵菩薩を常日頃深く信仰していた

作兵衛という男が、人々にも勧めて三日三晩

地蔵菩薩に祈念をしました。



すると雨が降り田んぼが水で満たされました。

百姓たちは我先にと苗を植付けましたが、

作兵衛は折悪しく腹痛が起こって

寝込んだために植付けが出来ません。



そこで村人たちは、明日は作兵衛の田を

皆で植えてやろうと話し合いました。



翌朝作兵衛の田へ行ってみると、

田植えは既に終わっていたのでした。



驚いている百姓たちに、近所の人が、

夕暮れに一人の僧侶が田植えしていたのを

見たと言います。



不思議に思った一同が

地蔵堂へ行ってみると。。。



地蔵菩薩像が腰から足に掛けて

一面泥まみれになっていたので、

このお地蔵様が田植えをして

くださったんだ、とわかりました。





それ以来、【泥足地蔵】として

人々の信仰を集めるようになったんだとか。




このお地蔵さんにはもう一つ

伝説が残っています。。。↓



勘兵衛という人の妻がひどい難産で、

産気づいてから十二日間(!)も

昼夜苦しんでも生まれません。



近所の人から教えられ、勘兵衛が

この地蔵菩薩に一日一夜記念したところ、

家から安産の知らせが届きました。



勘兵衛がお地蔵さんにお礼を

申し上げてお顔を見ると、

お顔一面に玉のような汗が流れていました。

それから【汗出地蔵】とも呼ばれるように

なったということです。




今でも妊婦の苦しみを引き受けて

くださるとお地蔵様として、安産祈願の

ご利益があるとして信仰を集めています。



他にも、夜半に善想寺の和尚に地蔵菩薩の

夢のお告げがあり、驚いて跳ね起きると、

台所から煙が出ていて無事に消し止める事が

出来た
。。。など、多くの信仰を

集めてきたエピソードがあるお地蔵さまです。




…有り難過ぎます!




写真+3_convert_20140113101512




こういう話を聞くと、

(やっぱり信じるものは救われるんだな〜

どこかで見ていてくださるんだな〜。)

と、謙虚な気持ちで神仏に

向き合うことができます。




この「謙虚な気持ち」っていうのが

大事なんでしょうね。





善想寺 
京都市中京区六角通大宮西入ル三条大宮町














スポンサーサイト

女の執念

2014年01月13日 08:39

初詣を兼ねて京都に行きました!




目をつけておいたところは

(やっぱり)妖怪伝説の残る場所。




美味しい天ぷらを食べて

目的の場所に向かいました。




鉄輪(かなわ)の井戸

写真+3_convert_20140112114444

写真+4_convert_20140112114459




民家と民家の間にある扉の奥にあります。

通りからは井戸は確認できません。

写真+5_convert_20140112114513




この奥には民家が三軒。




五徳のことを昔は【鉄輪(かなわ)】と

呼んでいたそうです。




京都の下京に住む女性が

自分を捨てて後妻を娶った

元夫を恨んで、貴船神社に

丑刻参り(うしのこくまいり)をすると、

【鉄輪を頭にのせ、三本の足に

ロウソクを灯し、怒りの心を

かきたてると鬼になれる】


お告げがありました。




女性は喜んでそれを実行すると、

元夫は悪夢に苦しむようになります。




鬼になった女性が元夫を殺しに

いこうとすることろ、息絶えた場所が

この井戸の場所だとも、ここに

女性の家があったとも言われています。





写真+1_convert_20140112130837




鳥居の先には【鉄輪大明神】を祀った

命婦稲荷社と鉄輪の井戸。

写真+2_convert_20140112130854




元夫が安倍晴明に占ってもらい、

元妻が晴明に調伏されて倒れた場所だとも。




この井戸は縁切り井戸とも

言われています。

写真+3_convert_20140112130909




この井戸水を縁切りしたい相手に

飲ませると縁が切れる
として、

遠方からもこの井戸水を汲みに

やってきたそうです。




地下鉄工事などの影響で

井戸水は涸れてしたいましたが、

今でもペットボトルに

水を入れてお供えして祈り、

持ち帰る人もいるそうです。





鉄輪の井戸、今も現役…!




色々な価値観を持った人がいるから

面白いけれど、だからこそ面倒な

ことも恨みつらみも生まれるんですね。




ここは昼間でも薄暗くて

ネガティブ思考を増幅させるには

もってこいの所だと思いました。




京都の超ディープスポット!!

わくわく&ぞくぞくできる場所です!








初詣!

2014年01月04日 08:35

元旦に初詣に行きました!




文福茶釜で有名な茂林寺(もりんじ)!

写真+1_convert_20140103203639

写真+2_convert_20140103203652




一昨年参加させてもらった

東京都杉並区での野外アート展

トロールの森の作品の題材に

文福茶釜の狸を使ったこともあり、

来てみたかった場所です。

写真+1_convert_20140103203744




参道には狸の像がいっぱい!

写真+3_convert_20140103203703




境内は初詣のお客さんで

賑やかでした。




写真+4_convert_20140103203715




写真+3_convert_20140103203805




文福茶釜感のある像の前で!

写真+4_convert_20140103203817




新年早々、化け狸伝説のある

お寺に初詣に来ることができて

幸せです!










最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。