--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初上陸!沖縄〜!⑲

2013年12月30日 08:22

沖縄の神様がここにいるといわれる

斎場御嶽(せいふぁーうたき)。

写真+3_convert_20131229224224




沖縄最大のパワースポットなんだとか。




写真+4_convert_20131229224245




世界遺産に登録されてからは

観光客がどっど押し寄せて

以前から拝みにきていた地元の人たちが

なかなか来れなくなった、とか

客のマナーの悪さ等で色々と問題を

抱えているようです。




人が多くて神聖な雰囲気は

そこまで感じられませんでしたが、

人の想いがびっしり詰まっているような

濃密な空気を感じました。

写真+1_convert_20131229224311




”目に見えないもの”は感じることしか

できないけれど、それこそが大切で

軽んじることは絶対できないなぁ。




ここを訪れる人たちが

神聖な気持ちを胸に、

土地を守る神様やこの場を大事に

している地元の人たちの思いを

踏みにじることがありませんように。。。















スポンサーサイト

初上陸!沖縄〜!⑨

2013年12月14日 08:20

沖縄三日目は、琉球八社の一つの

普天間宮へ!




お22_convert_20131213211832




普天間飛行場や米軍基地のすぐ近くです。




お23_convert_20131213211853




お24_convert_20131213211913




ここは本殿の後ろに鍾乳洞があり、

社務所にお願いをすると

巫女さんが案内してくれます。




しばらく進むと…




お28_convert_20131213212021




うわぁ、すごい。。。




お26_convert_20131213211946




こんな世界が広がっているなんて。。。




お27_convert_20131213212004




ここが土地の人たちに大切にされていて

信仰のための大事な場所なのが伝わってきます。




とても神秘的で高揚感を味わいましたが

先に見学していた人がルール違反していて

なんだか気分がぐっと曇りました…><

(パワーをもらうため?浄化するため?に
拝所に私物を置いていて巫女さんに怒られてました)




普天間は鍾乳洞が多いらしく、

そのほとんどは米軍基地の下にあるそうで

把握しきれていないんだとか。。。




お25_convert_20131213211930




まったくすごいところです、沖縄。













初上陸!沖縄〜!⑦

2013年12月12日 08:24

首里城内の売店で旦那さんが

「沖縄の怪談」「沖縄の民話」という本を

買ってくれました。




(旦那さんとは別行動していた
のですがいつまで経っても来な
いので売店に行くと、本を購入して
詳しい話を聞いてくれていました。
売店の人につかまってるかと思ってたよ〜> <)




その舞台となった場所が近くにあると

いうことで早速行ってみることに!




首里城から歩くこと20分ほど。




金城橋(かなぐすくばし)。

お17_convert_20131210185238


お16_convert_20131210185159




ここには夜になると遺念火(いんねんび)

出現したそうです。




遺念火とは沖縄県に出現する怪火

駆け落ちや心中で落命した男女の霊魂が

変化したもの
で、2つ一組で出現します。




かつて首里の街に若夫婦が住んでおり

妻が毎日豆腐を売り歩いていたが

ある日妻は悪漢に襲われて金城橋から

落ちて死んでしまった。


これを知った夫も金城橋から後追い自殺した。


それ以来、夜な夜な金城橋に遺念火が現れ

橋の上を漂うようになったという。





お18_convert_20131210185257




この夫婦は心中ではありませんが、

この世に未練を感じるには充分な

最後のため、遺念火になったのでしょうか?




沖縄(琉球)では好きな相手と

結婚できない場合が制度上多く、

また、自殺は相当に犯罪的な行為と

みなされていたようです。




自由恋愛が当たり前の現代では

想像しにくい昔のこと。

結婚相手は親や周りが決めるのが

当たり前だった時代、恋愛は

”よこしまなもの”だとされていたそうです。




でも、もし運命の人に出会ってしまったら…。

その人とせめてあの世で一緒になりたい!と

心中も選択肢の一つになるんだろうなぁ…。

あぁ、せつない…。




お19_convert_20131210185318




でも遺念火は見てみたい。














初上陸!沖縄〜!⑤

2013年12月09日 08:54

首里城から少し歩いたところにある

大赤木がある空き地。

お15_convert_20131207175813




この旅行で一番心休まると感じた

私にとって特別な場所です。




ここは長い間緑豊かな森でした。

この辺りを通るたびにただならぬ霊気を

感じた人々が時の王府に願い出て

拝所を置き、神々と王府との交流の

場となったそうです。





ここには2つの伝説があります。




一つは鬼餅(ムーチ)にまつわる場所。

お9_convert_20131207175548




鬼になってしまった兄を、お餅で柵を作った

妹が鬼(兄)を堕落死させた所
です。




”お餅で柵を作る”と聞くと、お菓子のお城

みたいな感じで何だかほんわかしてしまいますが、

その妹さんの苦悩が満ちているそうです。




拝みか、お参りか、道具を持って

見えている方がいました。

お14_convert_20131207175745




もう一つは赤木の祠

お13_convert_20131207175726

樹齢300年を越えるこの木の

根元に自然に祠のような形が出来、

旧暦6月15日に神が降りてこられ

願い事を聞き入れてくれる
そうです。

お12_convert_20131207175706

お11_convert_20131207175642

一年に一つ、願いを叶えてくださるそう。

神秘的で暖かい感じです。




ふらりと寄り道をしたところに

素敵な場所との出会いがありました!













初上陸!沖縄〜!④

2013年12月08日 08:37

沖縄二日目!




首里城に向かう途中で見つけた拝所。

お8_convert_20131207174109

気軽に近づきにくい雰囲気です。




神社やお寺は少ないですが

こういった拝所がよく見られます。

民間信仰が根付いていることを

強く感じました。

















最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。